» 受け入れ企業インタビュー vol.7

アクティブシニアが活躍する地域社会づくり」
~自分らしい働き方を探してみませんか?~

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大

窓口紹介

よくある質問

お問い合わせ

トップページ > 受け入れ企業インタビュー > 受け入れ企業インタビュー vol.7

受け入れ企業インタビュー vol.7

あなたの得意なことが仕事になる
シニアが活躍できる環境づくり

社会福祉法人 政典会
特別養護老人ホーム 青葉の里

施設長 松嵜 冨士見(まつさき ふじみ)さん

ukeire-vol7-person-2

社会福祉法人 政典会  
従業員 227人
60歳以上の
就労者
70人

※2019年5月1日時点のものです。

ukeire-vol7-gaikan

社会福祉法人政典会(以下、政典会)は、霧島市を中心に老人ホームやデイケアサービスなどの介護施設を展開している。
従業員277人のうち60歳以上の就労者は70人。全体の25%以上だ。
政典会が運営している介護施設の1つ「特別養護老人ホーム 青葉の里(以下、青葉の里)」でも70代の従業員3人を含め多くのシニアが働いている。
この方たちは単なる労働力ではない。各々がこれまでに培ってきた力を遺憾なく発揮して働いている。
青葉の里施設長の松嵜冨士見さんに、シニアの特性を活かせる職場環境作りについて伺った。

シニアのコミュニケーション能力の高さで職場円満

--シニアの働き方について教えてください。

介護職員としてだけではなく、宿直専門員や調理、送迎の運転手として働いていただいています。雇用形態は、定年後の再雇用や契約職員、パートに分かれます。

--青葉の里では多くのシニアが働いていますがメリットはどんなところですか。

なんといっても幅広い世代の人とコミュニケーションが取れるところです。
入居している利用者の皆様は高齢者です。鹿児島弁で話しかけられても、鹿児島弁で返すことができます。若い従業員の中には方言がわからずコミュニケーションをとるのに苦労している方もいます。シニアの従業員を通して会話をするという場面が年々多くなってきている気がしますね。
認知症のある方と自然体でコミュニケーションが取れるのもシニア世代です。中には「あの方は今日来るのかしら?」と、シニア職員のシフトを確認しに来る入居者様もいるくらいです(笑)
若い職員にとってもシニアの存在は大きいです。悩み相談をしたりフォローをしてもらったりしています。それもさりげなくできる。
まさに「潤滑油」となって下さっています。いるだけで場が明るくなる素敵な方もいます。

ukeire-vol7-img01

シニアの高いコミュニケーション能力が職場を和やかにしていると話す松嵜施設長

適切な仕事内容と仕事量を見極める

--利用者だけでなく従業員まで幅広いケアが出来るのがシニアの皆さんなんですね。
介護施設にとってどんなシニアが魅力的ですか。

介護の現場で働くには介護の資格が必ずしも必要ということはありません。資格を持っているにこしたことはないですが、送迎の運転手や宿直専門員など専門的な資格を要しない仕事もあります。
大切なのは、資格だけではなくその方のこれまでの経験や知識を活かして働いていただくことです。

例えば、フラワーアレンジメントを趣味としている方には、施設内に花を飾っていただいたり、敷地にある植物の手入れや植え替えをしていただいたりしています。
事業所と働きたいシニアの両方にとって一番いいところはどこなのかを探す。それが私たちの重要な役割です。
加えて配慮しなければいけないのは仕事量です。若い方と比べるとシニア世代はどうしても体力に差が出てきます。……体力に自信のない方の負担を軽減するために、フルタイムで働く従業員がこなす仕事量を、2人もしくはそれ以上の人数で分担しています。週に2日働く方がいれば、週に3日働く方もいる。午前中だけ働く方、午後の一部だけ働く方など、勤務時間もより柔軟に変化させています。

ukeire-vol7-flower

シニア従業員が生けたフラワーアレンジメント

働きやすくするために-十人十色の指導方法

――今後のシニアの活用についてどのように考えていますか。

介護業界でも人材不足について外国人労働者を受け入れて解消しよういう試みがあります。しかし、コミュニケーションの部分を考えると出来るだけ地元の方が働いてくれるとありがたいです。利用者様のほとんどが地元出身者です。その土地の地理的、文化的なことを知っているにこしたことはありませんので、そういった方を積極的に採用していきます。
また、事業所としても変えなければいけないところがあります。それは新しく雇用した方への指導方法です。
同じマニュアルでも10のうちどれだけ吸収できるかは人によって違います。なかには業務を覚えるのが遅く、自信を無くしてしまう方もいます。それぞれに合った指導をして、それぞれにあった業務内容を提案するのが事業所の役割です。
これからもシニアの皆様が活躍できる環境を提供できればと思っています。

社会福祉法人 政典会
特別養護老人ホーム 青葉の里

〒899-4305 霧島市国分郡田1559-2

TEL:0995-48-6760 FAX:0995-46-0502

社会福祉法人 政典会

トップへ戻る