» 活躍中のシニアインタビュー vol.11

アクティブシニアが活躍する地域社会づくり」
~自分らしい働き方を探してみませんか?~

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大

窓口紹介

よくある質問

お問い合わせ

トップページ > 活躍中のシニアインタビュー > 活躍中のシニアインタビュー vol.11

活躍中のシニアインタビュー vol.11

「はたらく」=「端楽」
協力し合って周りを楽しませよう

有限会社ライフデザイン
居宅介護支援事業所ライフデザイン

橋本 満里代(はしもと まりよ)さん

senior-vol11-person

年齢 68歳
業務内容 ケアマネジャー(介護支援専門員)・介護福祉士
雇用形態 パートタイム労働者
勤務時間 5時間/日
勤務日数 4日/週

※ご年齢は2019年6月時点のものです。

有限会社ライフデザインの外観写真

有限会社ライフデザインは、南さつま市金峰町中津野を中心に、看護小規模多機能ホームや居宅介護支援事業所を運営。

ケアマネジャーとして働いている橋本満里代さんは現在68歳。
義母の介護のために49歳で神戸からIターン。義母を看つつ介護の仕事を始めた。
慣れていない世界に飛び込み様々な資格を取得。地域で暮らす人たちのことを思い、毎日縦横無尽に駆け回っている。その橋本さんの激動の半生を振り返ると共に「働くこと」について聞いた。

働くことが楽しくて仕方がない

--なぜ介護の世界に飛び込んだのでしょうか。

神戸から義母の介護のために、2001年に鹿児島にやってきました。阪神淡路大震災後に購入した家のローンが残っていたのでどうしても仕事をしなければいけなかったんです。そこでハローワークで介護の仕事を紹介してもらいました。震災ボランティアで介護のお手伝いはしていたのですが、念のためにヘルパーの資格を取得。しかし、いざ働き始めようと募集要項を見ると40歳以下で介護福祉士の資格を持っていることが条件だったんです。

--年齢も資格も条件に合わなかったんですね。そこでどうしたんですか。

大げさではなく喉から手が出るくらい仕事が欲しかったので「会うだけ会ってもらえないか」とお願いし、面接までこぎつけました。
得意なことを聞かれ「歌を歌って利用者さんの心を和ませることしかできません」と正直に話しました。熱意が通じたのでしょうか、なんとか雇ってもらい介護の世界に飛び込みました。

「仕事が楽しくて仕方がない」と笑顔で話す橋本さん

--今では介護福祉士・ケアマネジャーの資格まで取得しました。苦労されたこともあったんじゃないですか。

介護福祉士は2003年に初受験で合格。勢いそのままにケアマネジャーも受験したんですが不合格。これで負けず嫌いの血が騒ぎましたね。仕事の合間に勉強を重ね2007年に取得しました。

苦労したとか、つらかったとかそういったものは全くありません。私のこの顔見ればわかるでしょう(笑)。仕事が楽しくて仕方がありません。年を重ねても知らないことはたくさんあります。この年で何か教わることができるのはありがたいですよね。

こうやって自分のことを話せることも嬉しい。自分の半生を振り返るいい機会になっています。
唯一大変だったのは言葉の壁ですね。当初は利用者さんの話す方言がさっぱりわかりませんでした。(笑)

前だけを向いて突っ走る!

--さて、仕事以外にも地域の介護に積極的に関わっていると聞いています。

南九州市のシルバー人材センターの会員になり、センターが運営している「認知症カフェなごみ」のお手伝いをしています。
認知症になった方を楽しませるイベントを企画し、その家族や地域の方向けに認知症に対する知識や制度の勉強会、そして相談会を主催しています。
毎月第二金曜日という平日開催ですが、現在の職場の理解ある雇用形態のおかげで参加できています。

認知症カフェなごみの様子

認知症カフェなごみでの様子
毎月第二金曜日に川辺町平山3234(玉寿司あと)で開催
問い合わせ先:0993-56-6341(南九州市シルバー人材センター)

--いくつまで走り続けますか。

ケアマネジャーの免許は5年更新です。今の免許は2022年の4月まで有効です。更新できる限りは仕事をし続けます。ほかにやりたいことができたらその方向に突っ走ります。
最期を迎えるとき、息子2人に「おかんは前だけを向いて動き回っていたな」と思ってもらえたら嬉しいですね。

チャリティー歌謡ショーの様子

橋本さんが通っている枕崎のカラオケ同好会「歌友会」主催の歌謡ショーで歌を披露
今年披露したのは「夢の続きを/秋元順子」「男新門辰五郎/島津亜矢」

協力し合うことで人を喜ばせる

――最後に「働くこと」とはどういうことでしょうか。

「はたらく」とは「端を楽にすること」。祖母から教わった言葉です。つまり、どうすれば人を楽しませることができるか、喜ばせることができるかということです。それには自分一人の力だけでは限界があります。お互いに協力し合うことが大切です。
私は腰が悪く、利用者さんを抱えることができません。力仕事はほかの方に任せて、その間にその人たちがすべきことをする。役割分担ですね。利用者さんに笑顔で過ごしてもらえるよう、それぞれが協力して出来ることを全うする。それが私にとっての「働くこと」です。

橋本満里代さんの写真

モットーは「笑顔を絶やさない」

有限会社ライフデザイン

有限会社ライフデザインのドローン写真

〒899-3515 鹿児島県南さつま市金峰町中津野1207番地1

TEL:0993-77-2110 FAX:0993-77-2120

senior-vol11-sum01senior-vol11-sum02senior-vol11-sum03

トップへ戻る