» 活躍中のシニアインタビュー vol.10

アクティブシニアが活躍する地域社会づくり」
~自分らしい働き方を探してみませんか?~

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大

窓口紹介

よくある質問

お問い合わせ

トップページ > 活躍中のシニアインタビュー > 活躍中のシニアインタビュー vol.10

活躍中のシニアインタビュー vol.10

臨時のつもりが十数年
働けることは幸せなこと

国分物産館 じょうもん市場
肥後 松江(ひご まつえ)さん

シニア従業員の肥後松江さんの写真

年齢 68歳
業務内容 販売員(レジ係)
雇用形態 パートタイム労働者
勤務時間 ①午前8時~午後1時
②午前8時30分~午後2時
③午後0時45分~午後6時15分 
勤務日数 18日/月

※ご年齢は2019年5月時点のものです。

シニア従業員の肥後松江さん

「いつもありがとうございます。この時期はイチゴが綺麗ですね♪」
レジで手を動かしながらお客さんと談笑しているのは肥後松江さん。
霧島市国分にある国分物産館じょうもん市場で働く販売員の中で一番のベテランだ。
現在68歳。一時的な従業員不足を補うために働き始めたのが十数年前。当時はこの年まで仕事をしているとは全く想像していなかったと語る。そんな肥後さんがここまで長続きした理由について伺った。

ちょっとのつもりが十数年

--肥後さんの普段の業務について教えて下さい。

じょうもん市場の従業員は、お弁当や郷土菓子を作る加工員と、レジ打ちや商品の陳列・補充等を担当する販売員に分かれます。私は販売員として13年近く働いています。

--こちらで働き始めるきっかけは何だったのでしょうか。

前の職場が倒産したため、半年間は自由気ままに暮らしていました。それを当時から知り合いだった会長がどこかで耳にしたんでしょう。「一時的な従業員の空きが出来たので、どうしても手伝ってほしい」と頼まれました。仕事内容を聞いてみると販売員というではありませんか。それまで事務職しかしたことがなかったので、立ち仕事が務まるか心配でしたが、次の従業員が見つかるまでという条件で引き受けました。
ところが、気が付けばそれから十数年。働き始めた当時、ほとんどの事業所の定年は60歳。65歳まで働けばよく働いたうちに入るのかな、とぼんやり思っていましたが、まさかこの年まで働いているなんて……自分でも驚いています。

シニア従業員の肥後松江さんがイチゴを並べている写真

長続きした理由―職場の居心地の良さ

--ここまで長続きした理由は何なのでしょうか。

居心地がいいんですよね。従業員は明るいし、勤務時間のほとんどがお昼過ぎまでなので時間の融通も利くし……健康維持のためのフィットネスクラブにも通いながら、民生委員や校区の役員の業務もこなしています。
従業員の意見を受け入れてくれる体制があるのもありがたいです。従業員の休憩所がほしいとお願いしたら作っていただけましたし、その休憩所の夏の暑さをどうにかしてほしいと言えば、空調も設置してくれました。私たち従業員のことを考えてくれているのがわかるんですよね。働きやすく居心地の良い環境がこれまで続けてこられた理由です。この年までお仕事をしていられることに幸せを感じながら働いています。

--働きたいけど一歩を踏み出せない方もいると思います。どんな言葉をかけますか。

体のことや人間関係が不安でなかなか行動に移せない方がいるかもしれません。ですが、気軽に飛び込んでみるのもいいんじゃないでしょうか。私がそうでした。いつのまにか70歳を目前にする今も働いています。意外と馴染めるかもしれませんよ。
働くことで一日にメリハリが生まれますし、健康のためにも役立つと思います。いいことばかりですよ!

--じょうもん市場の定年は、販売員が70歳、加工員が80歳までと聞いていますが、今後についてどのように考えていますか。

定年の70歳になるまであと1年ちょっと。それ以降も希望があれば働くこともできると言っていただいています。今よりも時間を減らして働けたらいいですね。でも、先のことはわからないのでそのときが来たら考えます。

老後は孫と切磋琢磨

シニア従業員の肥後松江さんの写真

小学生の孫がライバルと語る肥後さん

――仕事以外に何か目標や夢はありますか。

主人と共通の趣味である旅行に行きたいです。私が行きたい場所はスペインアンダルシア地方のひまわり畑です。主人は釣りが好きなので伊根の舟屋(注1)に行きたいと言っています。
習い事もしたいですね。習字教室とか。日当山に住んでいる小学生の孫が習字を習っていて、どんどん上達してきているんです。いいライバルになりそうでしょう(笑) まだまだばあばは負けませんけどね!!

(注1)京都府の北部に位置する伊根地区で伊勢湾を囲むように連なっている伝統的建造物。1階は船の収納庫、2階は住居という独特な構造の舟屋が約230軒立ち並ぶ。

国分物産館 じょうもん市場

〒899-4332 霧島市国分中央5丁目3-10

TEL:0995-45-3322

国分物産館 じょうもん市場

国分物産館じょうもん市場の外観写真

トップへ戻る