» 活躍中のシニアインタビュー vol.9

アクティブシニアが活躍する地域社会づくり」
~自分らしい働き方を探してみませんか?~

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大

窓口紹介

よくある質問

お問い合わせ

トップページ > 活躍中のシニアインタビュー > 活躍中のシニアインタビュー vol.9

活躍中のシニアインタビュー vol.9

生涯現役
明るく豊かに過ごすための趣味と仕事

社会福祉法人 政典会 特別養護老人ホーム 青葉の里
福盛 優子(ふくもり ゆうこ)さん

senior-vol9-person

年齢 68歳
業務内容 機能訓練指導員
雇用形態 契約職員
勤務時間 午前8時30分~午後5時30分
勤務日数 5日/週

※ご年齢は2019年5月時点のものです。

senior-vol9-img01-L

施設内にある花々への水やりが日課の福盛優子さん。
社会福祉法人政典会 特別養護老人ホーム青葉の里で機能訓練指導員として働いている。
本業の機能訓練指導のかたわら、趣味を活かした業務もこなす。
働くことが生きがいと話す福盛さんに、仕事を楽しむ秘訣について伺った。

多趣味が仕事に活きる ― フラワーアレンジメントからDIYまで

--福盛さんはたくさんの趣味を持っていて、それを仕事に活かしていると伺っています。どんな趣味をお持ちですか。

私なんでも興味を持ちたがるんです。
最近ではお菓子作りやフラワーアレンジメント、それに日曜大工でしょうか。
その全部が今のこの仕事に役立っています。
前の職場では、利用者様と一緒にお菓子作りをしたり、棚作りなどをしていました。今の職場では、施設内の花が少ないところに花を植えています。施設内に飾ってある花も私が生けさせていただいているんですよ!
機能訓練指導員(注1)としての仕事をしながら、自分の好きなことを仕事でもやらせていただけるのは幸せなことです。

(注1)介護保険法によって定められている職種のひとつ。利用者一人ひとりの心身の状態に合わせて機能訓練を行い、できる限り自分で身の回りのことができるように支援していく役割を担っている。

--機能訓練指導員としてのお仕事も忙しいなか、なぜそこまで精力的に仕事をしているんでしょうか。

介護施設での仕事が楽しくて仕方がないんですよね。利用者様から、企画したレクリエーションが楽しかったという感想をいただくと励みになります。
あとは、両親にしてあげられなかったことを皆様にしてあげたいという気持ちがありますね……自分も年をとっていきますし、もし逆の立場だったらどんなことをしてもらえたら嬉しいかをいつも考えて行動するようにしています。

senior-vol9-img02-L

--そもそもなぜ働くのでしょうか。

単に家でじっとしていられないんです(笑)。体が動く限りはどんな仕事内容でも働いていると思います。
そもそも今ここで働いていることはご縁なんです。
10年ほど前にハローワークに行き、その日のうちに面接してもらえるところがあるか聞いたところ、たまたま政典会が受け付けていました。ただ、履歴書を忘れてしまい約束の時間に遅刻をしてしまったんです。不採用は仕方ないので、せめて謝罪をさせてほしいと伺ったところ、なんと面接をしていただき雇っていただけました。そこから独身時代に看護師をしていた経験を活かして、看護職員として7年、機能訓練指導員1年半働いています。

一生現役 ― 働かないという選択肢はない

--福盛さんにとって働くとはどういうことですか。

senior-vol9-img03-M

私にとって働くことは生きがいです。生きることは働くことといっても過言ではありません。
仕事をリタイヤした友達の1人は、社会との関わりが少なくなり、常々寂しいと言っていました。夢だった主婦生活はどこか味気がなかったようで、現在は仕事に復帰しています。
私はいかなる働き方・職種であれ、働かないという選択肢はないと思っています。極端にいえば死ぬまで仕事をしていたいです。
生きがい作りにもなりますので、健康な体をお持ちでしたら何らかの形で働いてみてはいかがでしょうか。
若い職員との触れ合いも刺激になりますよ。

--仕事を通じて学んだことはありますか。

経験は無駄にならないというのが一番の発見です。興味を持ったことが仕事に繋がっていますし、継続は力になります。苦手なこともちょっとだけ出来るようになりました。
実は歌うことが得意ではなく、施設の童謡唱歌の時間が憂鬱でした。でも、歌っているうちに少し上手になってきた気がします。絵心もなかったんですが、レクリエーションに用いるカードを手作りしているうちに上達してきました。この年になって、いろんな可能性が開花するとは思ってもみませんでした。

利用者の生きがいのお手伝い

――これからの目標を教えてください。

利用者様が毎日生きがいを持って暮らしていける―そのお手伝いをすることです。
施設には寝たきりの方もいます。敷地内に季節の花を植えて、窓越しでもいいから少しでも四季の移り変わりを感じてもらいたいですね。去年はランタナを植えましたが、イノシシに根っこからほじくり返されて全滅でした。数年後に花でいっぱいになればいいなと思い、いろいろと試行錯誤しています。

senior-vol9-img05-M

敷地内のある一角
数年後の春には桜でいっぱいになる予定

あとは、毎日何かしらのイベントを開催したいです。今は週に3回、映画鑑賞やカラオケの練習、アニマルセラピーや工作(鯉幟や節分の鬼の面、お雛様など季節ごとのイベントで使用するもの)、魚釣りゲームやハエたたきゲームなどのレクリエーションを行っていますが、こういった企画が毎日できればいいですね。
学生時代の学校の行事の前夜みたいに、次の日を楽しみに思う時間があってほしいです。

senior-vol9-img06-M

レクリエーション「魚釣りゲーム」で使用するカード
利用者と一緒に作成する

社会福祉法人 政典会
特別養護老人ホーム 青葉の里

〒899-4305 霧島市国分郡田1559-2

TEL:0995-48-6760 FAX:0995-46-0502

社会福祉法人 政典会

senior-vol9-gaikan

トップへ戻る