» 活躍中のシニアインタビュー vol.6

アクティブシニアが活躍する地域社会づくり」
~自分らしい働き方を探してみませんか?~

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大

窓口紹介

よくある質問

お問い合わせ

トップページ > 活躍中のシニアインタビュー > 活躍中のシニアインタビュー vol.6

活躍中のシニアインタビュー vol.6

こんな働き方もある
超短時間勤務で得られるあれこれ

明光保育園
前山 親敏(まえやま ちかとし)さん

年齢 65歳
業務内容 送迎バス運転、園舎周りの清掃、園児の話し相手 等
雇用形態 パートタイム労働者
勤務時間 約2時間30分
勤務日数 月~金/週

※ご年齢は2019年2月時点のものです。

sankasha-vol6-person

シニアや主婦の方が早朝やお昼などに少し働く、いわゆる「超短時間勤務」という働き方がある。その「超短時間勤務」と「趣味」を両立する初老の男性がいると聞きつけ、南九州市知覧町にある明光保育園に伺った。
「バスのおじちゃん!」と園児から呼ばれると「おう!」と威勢よく返す初老の男性……前山親敏さんだ。
労働時間は園児をバスで送迎する間。少しの時間だが、得るものは計り知れないという。
前山さんの話にシニアの新たな働き方を垣間見た。

sankasha-vol6-img1

絶対に保育関係の仕事をしよう

--この仕事をしようと思ったきっかけは何かあったのでしょうか。

59歳の早期リタイヤをするまで船で貨物を運ぶ仕事をしていました。
退職後は絶対に保育関係の仕事をしようと思っていたんです。ただ、年金と家庭菜園で生活はしていけたので、ほんのたまにハローワークへ求人を確認しに行っていました。それが2年間くらい続くと退屈になるんですよね。それで久しぶりにハローワークに行くと明光保育園から求人が出ていて。「これは御縁だ! 一刻も早く応募しなくては!」と思ったんですけど、散髪はしていない、ひげも剃っていない、履歴書もないという状況でして(笑)。すぐに床屋に行って、写真館で履歴書用の写真を撮ってもらい、翌日保育園に直接履歴書を持っていき採用していただきました。

--現在の業務について

バスによる子供たちの朝のお迎えと帰りの送迎業務がメインの仕事です。
勤務時間が朝と夕方に分かれているので、合間は家でゆっくりするか畑仕事をしています。
日によりますが、園舎周りの清掃や剪定作業もあります。剪定はシルバー人材センターの講習が活きています。

sankasha-vol6-img2

体が軽くなり若返った

--仕事をしていていかがですか

楽しいですね! 園に行くのが楽しみで朝早く目が覚めます。
「バスのおじちゃん大好き!」と寄ってくる子どももいる。嬉しいですね。子どもたちから元気を吸収しているせいか、何もしていなかった2年間と比べると体が軽くなったような気がします。若返ったということでしょうか(笑)。子供たちと話していると脳の活性化に繋がりますので認知症予防にもなっています。

sankasha-vol6-img3-L

--今後について

70歳まではこの仕事を続けたいですね。万が一だけど、アクセルとブレーキのペダルの踏み間違いがあるかもしれないから。迷惑をかけないうちに辞めますね。
あとは家庭菜園を頑張ります。たくさんの野菜と30本近い果物の木があります。無農薬で作った野菜や果物を福岡にいる孫に送ってやるんです。目標は孫の成人式の晴れ着を買うことです。そのために、あと15年健康でいます。

――たまに会いたくならないですか?

いえ、全くといっていいほどないです。近くにこんなに孫がいますから!

社会福祉法人 明光福祉会 明光保育園

ukeire-vol5-gaikan

〒897-0304 鹿児島県南九州市知覧町東別府20782-2

TEL:0993-85-3292 FAX:0993-85-3204

社会福祉法人 明光福祉会 明光保育園

トップへ戻る