» 活躍中のシニアインタビュー vol.4

アクティブシニアが活躍する地域社会づくり」
~自分らしい働き方を探してみませんか?~

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大

窓口紹介

よくある質問

お問い合わせ

トップページ > 活躍中のシニアインタビュー > 活躍中のシニアインタビュー vol.4

活躍中のシニアインタビュー vol.4

笑って過ごすシニアライフ

株式会社ホテル京セラ
加世田 ひとみ(かせだ ひとみ)さん

sankasha-vol4-person
年齢 67歳
業務内容 ハウスキーピング(注1)
雇用形態 シルバー人材センターからの派遣労働者
勤務時間 午前8時~午後2時
勤務日数 3日/週

(注1)ホテル用語で、客室のベッドメイキングや清掃、整備、管理などをする業務

※ご年齢は2019年2月時点のものです。

「髪のみだれに手をやれば~♪」。握ったコブシをマイクにして美空ひばりの『みだれ髪』を一節。
加世田ひとみさんは、霧島市隼人町にあるホテル京セラでハウスキーピングとして働いている。
スポットライトを浴びることのない裏方の仕事。しかし、加世田さんをはじめとしたシニアスタッフが、一流ホテルの屋台骨を支えている。
時間が空くと予定を入れるなど、充実した生活を送る加世田さんに、働く理由についてお話しを聞いた。

外に出ることで笑顔の時間を増やす

--仕事内容について教えて下さい。

霧島市シルバー人材センターからの派遣で2018年4月からホテル京セラで働いています。業務はハウスキーピングといって、ベッドメイキングや清掃、アメニティの補充など、ホテル最大の商品である客室をおもてなしの空間に清掃しています。一日あたりだいたい5時間の勤務です。ホテル京セラを含め、全部で3つのホテルで派遣として働いています。
そのほか空いている時間に、墓守(注2)をシルバー人材センターからお願いされることがあります。

(注2)遠方に住んでいて墓参りが困難な方のお墓の掃除や除草、花の取替を行う

--そんなに働くのには理由があるのでしょうか。

仕事がしたいというわけではないけど、健康のために体を動かしていたいんです。じっとしていられない性分もあるんでしょうね(笑)。朝起きてなにも予定がないより、することがあったほうがいいですから。仕事中は集中しているので時間が過ぎるのも早いですからね。

――いつまで働く予定ですか。

70歳を超えても自分が元気なうちは働きたいです。家にいるばかりだと笑う機会も少なくなるじゃないですか。人間笑って過ごすのがいいんです。笑顔でいると気分が明るくなりますからね。

sankasha-vol4-img1

仕事と私生活のバランスが大事

――息抜きの時間はなんですか。

カラオケが好きで習っています。十八番は美空ひばりの『みだれ髪』や三山ひろしの『四万十川』かな。先生に「歌手になりたいから、この曲がちゃんと歌えるようになるまで教えてよ!」って言っています(笑)。
あとはメダカを家の中で飼っています。3つの水槽があって、黒や赤色のメダカに餌をやるのがささやかな楽しみです。
働いている時間と好きなことをする時間のバランスが大事です。

sankasha-vol4-img2
――今後はどう暮らしていきたいですか。

田んぼと畑があるので、将来は自分で畑作業をして収穫をして過ごしていきます。

株式会社ホテル京セラ

sankasha-vol4-gaikan-L

〒899-5117 鹿児島県霧島市隼人町見次1409-1

TEL:0995-43-7111 FAX:0995-43-7331

株式会社ホテル京セラ

トップへ戻る