» 活躍中のシニアインタビュー vol.22

アクティブシニアが活躍する地域社会づくり」
~自分らしい働き方を探してみませんか?~

背景色
標準
文字サイズ
標準
拡大

窓口紹介

よくある質問

お問い合わせ

トップページ > 活躍中のシニアインタビュー > 活躍中のシニアインタビュー vol.22

活躍中のシニアインタビュー vol.22

人生一度きり
後悔しない人生を歩みたい

料理教室ひとみ’s キッチン
瀬戸口 ひとみ(せとぐち ひとみ)さん

料理教室ひとみ’s キッチン 瀬戸口 ひとみ(せとぐち ひとみ)さん

年齢 61歳
業務内容 料理教室 主宰

※ご年齢は2020年4月時点のものです。

イメージ写真野菜

食べること。私たちはそれなしに生きていくことはできない。「食べること」=「生きること」。
その大事な“食”について鹿屋から情報を発信しているのは「料理教室ひとみ’s kitchen」を主宰している瀬戸口ひとみさんだ。
この活動を「自分の人生の集大成」と話す瀬戸口さんに、後悔しない人生を歩むためのちょっとしたコツについてうかがった。

すべての人へ食育を

「かのや食育サポーター」、「郷土料理マイスター」、「おふくろの味マイスター」、「みそ汁PR大使」――。ひとみ’s キッチンを主宰している瀬戸口ひとみさんはいろいろな肩書きを持つ。料理教室には子どもから大人まで幅広い年代の人たちが通い、郷土料理や家庭料理を中心に教えている。肩書きの数から料理に関する仕事を長らくしていたのだろうと思われるが、もともとは一般的な主婦。本人は「“食いしん坊”のただの主婦だった」という。
転機が訪れたのは8年前。鹿屋市が募集していた食育サポーターに応募したのが始まりだった。
「50歳を超えたあたりから、どんな形でもいいから社会に貢献しなければと考えていたタイミングで食育サポーターの募集がありました。特別な資格や専門的な知識は持っていないけれども、子どもたちに教えることだったら私にでもできそうと思い応募しました」。
この食育サポーターになったことでこれまであまり深く考えてこなかった“食の大切さ”に気づいたと瀬戸口さんは話す。

料理教室ひとみ’s キッチン 瀬戸口 ひとみ(せとぐち ひとみ)さん

「教室はしていないんですか」と聞かれることもあり、子ども向けの料理教室を始めた。子どもたちに食べることの大切さを教えたい、そう思って教室を開くうちに、大人にも食育が必要だと気づく。
「子どもを連れてくる親御さんたちで、食について詳しく知っている人は実は少ない。私もそうでした。子どものころ、塾やピアノなどの習い事はしていても、食に関して学ぶ機会は少ないですよね。間違ったことを覚えているかもしれないし、そのときは当たり前だったことが今は正解ではなくなってきている。例えば、お米の研ぎ方。今のお米をゴシゴシ洗ってしまうと、甘みやうまみまでゴッソリと取れてしまう。いわゆる『肌ぬか』を洗い流す程度で良いんです。それを知らないでとぎ汁が透明になるまで研いでいませんか。そういったことを大人が知らない。ですので、様々な年代を対象にした料理教室を開くようになりました」。そういう想いに共感する人も増え、今ではリピーターを中心に鹿屋市内外から多くの人がひとみ’sキッチンを訪れる。

料理教室ひとみ’s キッチン

後悔しないように生きる

自宅で開催していたひとみ’sキッチンだったが、この度スタジオをリニューアル。今の活動を「人生の集大成」という。
「60歳を超えたら断捨離や終活をしていくものかもしれません。ですが、私にとってはこれからが本番。料理に必要な知識を習得できる機会があれば、どこへでも行きます。さしずめ回遊魚さながらに動き続けます」
県外で薬膳に関する教室があれば出向き、ローフードの料理教室があれば参加する。県外から県外へ移動することも多いという。そのバイタリティは「とりあえず挑戦する」の精神からきている。
「やらないで後悔したくないんです。やってみて失敗してもいいんです。それで人に笑われることもあるかもしれません。でも、恥ずかしがる必要はない。失敗からたくさんの学びがあります」。失敗しない人なんていない、それに恐れてやらないことのほうが失敗だ、と瀬戸口さんはいう。

縦横無尽に駆け回る瀬戸口さんにとって働くこととはどういうことなのだろうか。
「そもそもお金を稼ごうというつもりはありません。あくまでもライフワークの一環です。料理を食べて『美味しい』と喜んでくれる人がいたらそれで十分です。90歳くらいまで楽しみながら食の大切さを教えていけたらいいかな」
今は料理教室で手一杯だが、このスタジオを洋裁教室やリフォーム教室としての人が集まる場所にしたいと構想を練っている。
お米の研ぎ方や野菜を美味しく食べる洗い方など料理は進化してきている、そのために自分自身も進化していく必要があると話す瀬戸口さん。人生は一度きり。後悔のない人生を歩むために瀬戸口さんの回遊魚生活はまだまだ続いていきそうだ。

花みそ玉

みそ汁PR大使として、可愛く、美味しく、手軽にお味噌汁を飲める「花みそ玉」作りを推奨。みそと出汁と具を混ぜて、あられや麩、ゴマで可愛くあしらう。

料理教室ひとみ’s kitchen*はなれ*

〒893-0014 鹿屋市寿8丁目11番22号

TEL:090-9595-7011

トップへ戻る